仲尾ミエ(女優)の衰えない体!若さの秘訣と習慣は?【痛快TV スカッとジャパン】

女優

2020年6月15日(月)20時から放送の『痛快TV スカッとジャパン』に女優の中尾ミエさんが出演します。

今回はそんな中尾ミエさんがどんな人物なのか、そして70歳を超えても保ち続けている若さの秘訣が気になったので調べてみることにしました。

皆さんも一緒に確認してみましょう!

 

中尾ミエのプロフィール

出典:http://www.nakaomie.com/index.html

中尾 ミエ(なかお みえ)

本名:中尾 美禰子(なかお みねこ)

歌手・女優

1946年6月6日生まれ

福岡県小倉市(現在の北九州市小倉北区)出身

身長:156cm

ワタナベエンターテインメント所属

 

1962年16歳の時にリリースした『可愛いベイビー』が100万枚を売り上げる大ヒットを記録し、国民的スターとなりました。

そしてその年に『第13回NHK紅白歌合戦』の出演を果たします。

その翌年以降も第14~20と計8年連続での出演をされています。

16歳で一躍スターの座についたあとも8年連続の出演ってものすごいことですよね!!

そして2014年には『第56回日本レコード大賞「功労賞」』を受賞しています。

 

デビュー当時から歌だけでなく映画・テレビドラマでも活躍し、歌手としては初めて映画制作者協会から新人賞を1963年に受賞しています。

それ以外にもその気の強さや歯に衣着せぬ物言い・表現力の豊かさが好評で歌手・女優業のほかにもバラエティーでの活躍され、数多くのトーク番組の司会なども務めました。

マルチな才能とはまさしくこのことですね!!

 

そんな中尾ミエさんですが、70歳を超えた今でも衰えない体、そして見た目の若々しさや美しさが話題になっています。

一体どんな秘密があるのでしょう?

 

衰え知らずの体、その秘訣は!?

70歳を超えてなおシャキッとした姿勢で若々しさを感じさせてくれる中尾ミエさんですが、普段はいったいどんなことをしているか皆さんも気になりますよね?

「歌も踊りも芝居も基本は体」と考えているそうで、筋力や骨の強さを維持するために若いころから日常的に体を動かすように習慣づけてきたそうです。

現在は水泳・タップダンス・ストレッチの3つが定期的に取り組んでいるものだそうです。

水泳に関しては60歳頃にほとんど泳げなかったところから始めて、週に1回1時間程度トレーナーをつけて取り組んでいるそうで現在ではマスターズ水泳大会に毎年出ているとのことです。

本人によると、レースや記録を目標にすることで頑張れたり、さぼらないようにするためでもあるそうです。

スポーツジムでの週1回受けるストレッチのエクササイズを欠かさずに行うことで、体のしなやかさを保ち怪我や予期せぬ転倒の予防をしているそうです。

そして若いころから続けてきたというタップダンス。

さらに日々の努力で作り上げた体と心の良い状態を維持するために生活習慣や食事にも気を配っているとのことです。

早寝早起きを徹底し、起きてからのストレッチ→犬の散歩→公園でうんていを使って懸垂 の流れを習慣として行っているそうです。

 

日頃から体を動かすこともそうですが、さらに食事や生活面にも気を配って維持し続けることって実際にやろうとするとものすごく大変ですよね。

それを若い頃からずっと続けられるところからもプロ意識の高さがうかがえますね!

出典:https://croissant-online.jp/

水泳での持久力

ストレッチでの柔軟性

タップダンスでの俊敏性

そして日々の規則正しい生活習慣と食事

によってつくられたのがこの体ということなんですね!!

中尾ミエさんの若さの秘訣は誰にでもできるけどなかなか続かない日々の努力によるものでした!!

 

そんな中尾ミエさんが『痛快TV スカッとジャパン』に出演

今回の放送では番組内の「ファミリースカッと」に出演されるとのことで、一体どんなお芝居をされるのかが今から楽しみですね!

 

まとめ

今回は中尾ミエさんについて調べていきました。

若さの秘訣は改めて自分の生活を見直さないとなという気持ちにさせてもらいました。

皆さんはどうだったでしょうか?

中尾ミエさんのこれからの益々の活躍が楽しみですね!!

 

今回はこれで以上になります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました